上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



通信制高校とサポート校には、明確な違いがあります。
それは、通信制高校で単位を取得すれば、高校の卒業認定を受けることができますが、
サポート校を利用しても高校の卒業認定を受けることができません。

サポート校は、あくまで塾のような位置づけとして考えると分かりやすいでしょう。
しかしながら、通信制高校での学習内容は、ごく基本的なものが中心となっていますが、
サポート校の学習内容は、それぞれの個人が持つ目標に合わせた内容となっています。

たとえば、大学に進学したいという目標を持っているなら、レベルの高い学習が可能で、
資格を取りたいという目標を持っているなら、専門のコースといったような選び方ができます。
ただし、すべてのサポート校がそのようなコースを持っているというわけではありませんので、
選び方には注意が必要です。

もちろん、通信制高校においてもそれぞれ特徴がありますので、
通信制高校の選び方も重要となっています。

テーマ : 通信制高等学校
ジャンル : 学校・教育

通信制高校とは、全日制高校や定時制高校と同じように高校卒業の認定を与えられる高校のことです。
全日制高校や定時制高校のように、学校まで通って学習するのではなく、
自宅でレポートを書いて提出することで単位を獲得していきますので、
自分の好きな時間に勉強できるというメリットがあります。

ただし、まったく学校に行かなくても良いというわけではなく、
スクリーニングの時には学校で面接授業を受けなければなりません。
スクリーニングは、平均で年間20日から25日程度となっていますので、
通信制高校の選び方のポイントとして考えると良いでしょう。

また、最近では、通信制高校を受けながらサポート校を利用する方が増えてきています。
サポート校は、いわば通信制高校の塾のようなもので、
単位を取得するために必要な学習をプログラムにもとづいて進めることが可能です。

したがって、高校卒業の認定を受けるためには、通信制高校の選び方はもちろんですが、
サポート校の選び方も重要だといえるでしょう。



テーマ : 通信制高等学校
ジャンル : 学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。