スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通信制高校とサポート校の授業料について

通信制高校には公立と私立があり、それぞれで授業料が異なっています。
また、全日制高校の場合は、年間での授業料を支払うこととなりますが、
通信制高校の場合は、学年制ではなく単位制を導入しているため、
1単位あたりの授業料を支払うこととなりますので、覚えておきましょう。

公立の通信制高校の場合、1単位あたりの授業料は180円から1200円、
私立の場合は5000円から12000円となっています。
公立の通信制の高校は、どこの学校でもほとんど授業料が変わりませんが、
私立の通信制の高校では、学校によって授業料が大きく異なっていますので、
事前に確認しておくと良いです。

一方で、サポート校の授業料は、入学金が10万円程度、
授業料が年間で40万円から100万円程度となっています。
サポート校の授業料は決して安くはありませんので、選び方は非常に重要です。
サポート校の選び方としては、授業料はもちろんですが、
学習面や精神面のフォロー体制がしっかりしていることが、選び方のポイントとなるでしょう。


スポンサーサイト

テーマ : 通信制高等学校
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。