スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通信制高校とサポート校のデメリットについて




通信制高校のデメリットとして、全日制や定時制の高校と比較して費用が高いということがあげられます。
その分、好きな時間に学習することができ、留年する心配がないというメリットはありますが、
収入が少ない家庭の場合は、通信制高校の費用は負担が大きいといえるでしょう。

また、通信制高校の学習内容は、あくまで基本的な内容となっていますので、
大学受験を進学の選び方のひとつとして考えるなら、あまり向かないかもしれません。
もし大学まで進学したいなら、受験勉強は別にする必要があります。

サポート校では、大学受験を希望する方のために、専門のコースを設けているところがあります。
しかしながら、全日制の高校よりも大学受験には弱いのが実状でしょう。
もちろん、サポート校を利用して大学に進学することは可能ではありますが、
通信制高校とサポート校の両方を利用するとなると、相当な費用負担が発生してしまいます。

また、学校の選び方を間違うと、なかなか思う通りの学習成果を得られないかもしれません。
したがって、学校の選び方は非常に重要であり、実際に選ぶ際には、
いくつかの学校で説明を受けることをおすすめします。
スポンサーサイト

テーマ : 通信制高等学校
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。