上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通信制高校には公立と私立があり、それぞれで授業料が異なっています。
また、全日制高校の場合は、年間での授業料を支払うこととなりますが、
通信制高校の場合は、学年制ではなく単位制を導入しているため、
1単位あたりの授業料を支払うこととなりますので、覚えておきましょう。

公立の通信制高校の場合、1単位あたりの授業料は180円から1200円、
私立の場合は5000円から12000円となっています。
公立の通信制の高校は、どこの学校でもほとんど授業料が変わりませんが、
私立の通信制の高校では、学校によって授業料が大きく異なっていますので、
事前に確認しておくと良いです。

一方で、サポート校の授業料は、入学金が10万円程度、
授業料が年間で40万円から100万円程度となっています。
サポート校の授業料は決して安くはありませんので、選び方は非常に重要です。
サポート校の選び方としては、授業料はもちろんですが、
学習面や精神面のフォロー体制がしっかりしていることが、選び方のポイントとなるでしょう。


スポンサーサイト

テーマ : 通信制高等学校
ジャンル : 学校・教育




サポート校とは、通信制高校を利用している方のサポートをする学校のことです。
サポート校だけでは高校卒業の認定を受けることはできませんが、
通信制高校で単位を取得するためのサポートはもちろん、精神的なサポートもしてくれますので、
近年ではサポート校の選び方も重要視されています。

サポート校には、不登校支援型、大学進学重視型、進路発見型、
専門知識・技術養成型などといった種類があるため、選び方は非常に重要です。
不登校支援型では、カウンセリングなどでメンタル面のケアを重点的にサポートしてくれます。
大学進学重視型は、大学への進学を目標とする方のためにあり、受験情報も充実していますので、
学力を重視する方に選ばれています。

進路発見型では、また具体的な目標がない方のために、
体験授業などを通して進路を見つけるサポートを行なっています。
専門知識・技術養成型では、資格取得などの支援を行なっていますので、
すでに目標がある方に選ばれています。

ただし、あくまで通信制高校のサポートであり、サポート校が選び方のメインとなるわけではありませんので、
ご注意ください。

テーマ : 通信制高等学校
ジャンル : 学校・教育




通信制高校とサポート校には、明確な違いがあります。
それは、通信制高校で単位を取得すれば、高校の卒業認定を受けることができますが、
サポート校を利用しても高校の卒業認定を受けることができません。

サポート校は、あくまで塾のような位置づけとして考えると分かりやすいでしょう。
しかしながら、通信制高校での学習内容は、ごく基本的なものが中心となっていますが、
サポート校の学習内容は、それぞれの個人が持つ目標に合わせた内容となっています。

たとえば、大学に進学したいという目標を持っているなら、レベルの高い学習が可能で、
資格を取りたいという目標を持っているなら、専門のコースといったような選び方ができます。
ただし、すべてのサポート校がそのようなコースを持っているというわけではありませんので、
選び方には注意が必要です。

もちろん、通信制高校においてもそれぞれ特徴がありますので、
通信制高校の選び方も重要となっています。

テーマ : 通信制高等学校
ジャンル : 学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。